都会とド田舎でここまで違う恋愛白書

都会とド田舎でここまで違う恋愛白書

わたしは、東京や大阪のような大都会に
住んでたこともあるし、
岡山や島根、兵庫、静岡などの、地方に
住んでたこともあります。

 

都会とド田舎でここまで違う恋愛白書

 

それこそ、
山と川しかないようなド田舎にも。

 

いろいろな地域に住んでみて感じるのは、
やはり、都会とド田舎では恋愛事情において
かなりの違いがあるということ。

 

まー、いろいろあるのですが、
特に重要なのを今回は紹介
しようと思います。

ド田舎最大の特徴

都会に比べ、ド田舎のほうが、
圧倒的に結婚願望が強いです。

 

20代後半に差し掛かってきた
あたりからが、特に顕著。

 

これは、都会と違い、
誘惑や娯楽が少ないド田舎だからこそです。

 

都会とド田舎でここまで違う恋愛白書

 

都会と違い、遊ぶところも限られ、
年をとるほどにすることがなくなっていくので、
人生の中で結婚のウエイトがおのずと高くなるのです。

 

深夜まで遊べる店が、
そもそも少ないのです。
しかも、まわりの結婚も早い。

 

焦りも強いのです。
実家住まいの子も多く、
親からの激しいプレッシャーもあります。

 

都会だと、結婚しなくても、
ある程度楽しく暮らせますが、
ド田舎では、そうはいかないのです。

 

都会とド田舎でここまで違う恋愛白書

 

なので、
結婚=最高の勝ち組
そんな価値観を持ってる子が
沢山いるのです。

 

つまり、田舎で
20代後半以降の子を狙う場合、
「この人とは結婚を考えられない。」

 

 

都会とド田舎でここまで違う恋愛白書

 

そう感じられた時点で、
即終了ということです。

 

女の旬には限りがあるから
無駄な恋人は作らない。
というわけです。

 

で、
相手が女だけの姉妹で、
しかも長女の場合。

 

都会とド田舎でここまで違う恋愛白書

 

男が養子にいく。
そんなケースも
往々にしてあります。

 

田舎には、
『家を継ぐ』
そんな風習が、
今でも根強く残っているのです。

 

こういう子は、こっちが長男と
いうだけで、敬遠してきます。
なにせ、嫁にいく確率が
相当高くなってしまうので。

 

田舎では、結婚をイメージできない男だと、
そもそも恋愛対象に入れない。
そんなわけです。

ド田舎必須アイテム

あと、

 

地方で恋愛活動する上で、
絶対に持っておかなければ
いけないアイテムがあります。

 

なにかというと、、、
車です。
これは、絶対にです。

 

高級車とか、大衆車とか、
そんなことは大して関係のないのですが、
持ってるか。持ってないか。

 

ここは、超重要です。

 

幼少期から、

 

・駅まで親に車で送ってもらう
・駅まで、車で迎えに来てもらう

 

・遠出するときはたいてい車
そんな環境で育った子は、
18歳になったとたん免許を取り、
即車を所有するようになります。

 

車を持つのが、当たり前。
そんな環境で育ってるのです。

 

都会とド田舎でここまで違う恋愛白書

 

車を持ってないというだけで、
どれだけ、使えない男だと思われるかが
わかるでしょうか?

 

電車は、1時間に1本とか、
そんな世界です。

 

しかも、お目当てのとこに行こうにも、
線路が走ってるとも限らない。

 

電車だと2時間かかるところを
車だと1時間。
会いに行こうにも、
車がないとどうしようもない。

 

そんな状況になるのです。
なので、安物の中古車でもいいので、
車だけは絶対に所有しておかないと、
圧倒的に不利になるのです。

 

都会とド田舎でここまで違う恋愛白書

 

というわけで、もし都会から田舎に引っ越すことに
なってしまった場合には、てんで恋愛事情が
違うということを、頭の片隅に置いといて
もらえればなと思います。

 

一言で言ってしまえば、
田舎のほうが、出会いも増やしにくく、 圧倒的に恋人も作りにくい。
ということです。